協会アワード2017 ビジネスモデル賞

日本キッズ食育協会の活動が 

協会アワード2017で ビジネスモデル賞を頂きました。  

本部ブログ>>>こちら


昨年は、新人賞。 

2年連続で受賞しています。 


 今、注目のキッズ食育です。  


本物の食は体と感性を作り 

子ども達の未来が輝かせます! 


私自身も、協会の理念にときめき 

青空キッチンを開講しています。 


私たちのようなトレーナーが増えれば 

各地域で、食育が盛んになることでしょう。 


ボランティア活動、イベント型ではなく、 

ビジネスとして継続的に食育活動をすることで 

子どもの未来のためになります。 


今、ハンドメイドの商品をインターネットアプリで販売する方法や 

自宅で、特技を活かしたお教室を開講されている方が 

とても増えています。  


私の住む地域では、

個人が出展するマルシェやフェスタが 

とても頻繁に行われています。 


趣味で終わらず、 

社会貢献をしながら継続的に働く。 

キッズ食育は そういう働き方の提案でもあります。  


協会が目指すトレーナーの人数は、 

各1学区に一人のトレーナー。 

まだまだ、人数が足りていません。  


日本全国の子ども達のために 一緒にキッズ食育活動をしましょう。     


キッズ食育トレーナーの講座が受講できます。  

体験講座が8月に行われるので 是非、チェックしてみてください。

キッズ食育トレーナーとは>>>こちら 


食育✕学び

料理(調理)と教育の融合。 満3歳~小学生を対象とした 料理教室。 料理を通じて、五感を育てます。 考える力・表現力、 社会性をはぐくみ、 子ども達の潜在能力を引き出す お手伝いをします。