エジソン箸の卒業のタイミングは?

幼稚園の園長先生から、入園案内の際に

「エジソン箸は、おすすめしていません」

と、お話がありました。


お使いのご家庭も多いのではないでしょうか?

では、いつからお箸に切り替えるの?


娘のエジソン箸卒業エピソードです。


エジソン箸は、こういう構造のものです。

(お写真EDISON社からお借りしました。)

我が家は入園前から、エジソン箸を使っていたので

給食用にもエジソン箸を用意してました。


・食べれなくて、幼稚園が嫌にならないで欲しいな。

・給食の時だけ、スプーンとフォークだけ。というのも心配だな。


親の勝手な想いだけで、スプーン、フォーク、エジソン箸。

三点を持たせていました。


数ヶ月経った時に、幼稚園生活の写真を見る機会があり

お箸を使っている子がいました。


あれれ? 3歳児も出来るのか!

教えてないだけだったのね!!!!!


担任の先生に相談してみたら

クラスの19人中2人しかエジソン箸を持ってきていないとのこと。

その一人が我が子。



「ほとんどの子が、スプーンとフォークのみで、お箸は、持ってきているだけですよ。

年少さんのうちは、食べた!という達成感が大事ですから、大丈夫ですよ!

お家で、初めの5分だけ。とか少しづつ練習してみてください^^」


担任の先生から、優しいお言葉を頂きました。


多少は練習をしていましたが、全然気に掛けてなくて

そのままだったので

本格的に家でお箸の練習をスタートしました。


初めは、ほんの数回使用し

後は、慣れたエジソン箸で食べる。


これの繰り返し。


気分もあるので、使いたくない時もありましたが

嫌な時は、食べやすいと思うものでOK。無理強いはしない。


我が家は、こんなゆるーい子育て方法です。


食事の時間は楽しく過ごしたいですものね♪



夏休みがあけて、娘が突然

「先生が、お箸使ってみたら?って言ってたの。私も使ってみたい!」

というので、次の休みにお買い物へ。

大好きな、ぼんぼんりぼんのキャラクターを選んでいました。

次の登園日。給食の時間に、クラスのお友達が

「Aちゃん、おはし上手だね!」

褒めてくれたこの一言が、テンションを上げてくれました。

Kくんありがとう!!!


家でも、どんどん使う機会が増えて

おばあちゃん家に行った時も、「アンパンマンのお箸使う!」宣言したり

11月になった今では、

家族のお箸、箸置き、Aちゃんのスプーン、フォーク、エジソン箸が

わんさか入ったカラトリーの中から

自分でお箸を選択して使うようになりました。


みんなのお箸を並べるお当番をしてもらったり

食事前にも、触れる機会を作ってみたりしてます^^



きっかけとタイミング次第。

子どもの事をよく見ていてくれた、幼稚園の先生のおかげで

エジソン箸を卒業する事ができました。


褒められる事を率先してやりたくなっちゃう心理を掴んで

親が焦らず根気よく付き合う。


そうすることで、子どもは想像以上に成長を見せてくれます。


「お箸が使えるようになった」この事実を

思い出しては、褒めて欲しくて、ほしくて・・ほしくて・・

食事以外の時間も何度も何度も賞賛しました。


1つの事が自信になり、また次の事も挑戦してみたい!

そうして、子どもは大きくなるんですね。


人生は無限の可能性を秘めている!

怒らず、焦らず、のんびりとで大丈夫ですよ!


食育✕学び

料理(調理)と教育の融合。 満3歳~小学生を対象とした 食育スクール。 料理を通じて、五感を育てます。 考える力・表現力、 社会性をはぐくみ、 子ども達の潜在能力を引き出す お手伝いをします。