七草粥の由来

1月7日は、五節句のひとつ「人日の節句」の日です。


人日とは、文字通り、`人の日`という意味で、中国で1月1日から家畜の吉凶を

順番に占い、7日に人を占って、7種類の野菜を入れた汁ものを食べ、

無病息災立身出世を願う風習がありました。


この風習が日本に伝わると、平安時代に7種類の穀物でお粥を作るようになり

古くからある「若草摘み」の風習と結びついて

鎌倉時代に春の七草を入れた七草粥を食べるようになりました。

本来、七草粥は無病息災を願う「人日の節句」の行事食ですが

お正月のごちそうに疲れた胃腸をいたわり、不足しがちな青菜をとるという

生活の知恵も含まれています。


青空キッチン@蟹江スクール

料理(調理)と教育の融合。 満3歳~小学生を対象とした料理教室。 料理を通じて、五感を育てます。 考える力・表現力、社会性をはぐくみ、 子ども達の潜在能力を引き出すお手伝いをします。