節分ってなあに?

節分は「季節の分かれめ」という意味で、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日のこと。

年に4回あるんです。


でも、今は立春の前日だけをさすようになっています。

これは、旧暦では一年は春から始まり、立春は正月と同じくらい大事な日なので

立春前の節分は、年の分かれめを兼ねた特別な日とされたからです。


どうして豆まきをするの??

新春にむけ、悪いことを引き起こす邪気や冬の寒気を払うためで、

その象徴が鬼です。

豆には霊力が宿るとされ、豆を魔物の目(魔目)に投げつけると魔を滅する(魔滅)事が

出来ると考え、豆まきをするようになりました。


「鬼は外!福は内!」

元気な声で、家中の鬼を追い払いましょう♪



どうして鬼をやっつけるの?

節分で追い払う鬼は、邪気や冬の寒気です。

人の力ではどうにもならない災害や病などは鬼の仕業とされたため、

新年の幸福を願い、節分に鬼を追い払うようになりました。


すっかり悪者の鬼ですが、日本にはよい鬼の話もあります。

日本古来の鬼は人々に頼りにされる存在が多いからです。


鬼が悪者になったのは、豆まきのルーツである中国伝来の「追儺(ついな)」(鬼やらい)

に由来すると言われています。

そして、鬼が出入りする「鬼門」が丑寅(北東)の方角にあるとされているため

鬼の姿をウシとトラで表すようになりました。

元気に追い払った後は、

福豆を食べましょう!

これを「年とり豆」といいます。

自分の年にひとつ加えた数だけ食べて、一年の無病息災を祈ります。

食育✕学び

料理(調理)と教育の融合。 満3歳~小学生を対象とした 料理教室。 料理を通じて、五感を育てます。 考える力・表現力、 社会性をはぐくみ、 子ども達の潜在能力を引き出す お手伝いをします。