ひな祭りってなあに?

ひな祭りは、ひな人形を飾って女の子のすこやかな成長と幸せを願う行事です。


ひな人形を庶民が飾れるようになったのは江戸時代で、

娘の為にひな人形飾ってお祭りをすることが皆の憧れとなり、

「ひな祭り」と呼ばれるようになったと言われています。

どうして「桃の節句」と呼ばれているの?

昔から桃の木は聖なる木とされているので、

この時期に咲く桃の花を行事に用いるようになったからです。


ちなみに、桃に邪気払いの力があることから、

桃太郎が邪気払いの象徴である鬼退治をする話ができたそうですよ。

ひな祭りの由来

起源は古代中国で起こった「上巳の節句(じょうしのせっく)」で、

3月上旬の巳の日に水辺で身を清め、桃花酒を飲んで邪気を払う行事がありました。

この日付が3月3日と定められ、日本に伝来すると、人形を流す風習などが結びついていきました。


やがて、江戸時代に上巳の節句が五節句のひとつに定められると

5月5日が男の子の節句であるのに対し、3月3日は女の子の節句となり

桃やひな人形を用いることから「桃の節句」「ひな祭り」と呼ばれて親しまれるようになりました。


どうしてひな人形を飾るの?

今のひな人形は「飾る」のが一般的ですが、

「流しびな」という習わしが残る地域があるように、はじめは水に流していました。


ひな祭りのルーツの「上巳の節句」では、ケガレをうつして皮に流していました。

また、古来より、木や布で作った人形を子どもの魔除けにする習わしがあり

女の子の遊び道具としても発達しました。


ひな人形の「ひな」は、小さくてかわいらしいものという意味で

平安時代の貴族の間で盛んだった「ひいな(ひなの古語)遊び」という

おままごとからきています。


やがてこれらが結びつき、ケガレをうつした人形を川に流す「流しびな」となり、

人形作りの技術が発達すると、川に流さず家に飾り、

娘のすこやかな成長と幸せを祈るようになりました。


ひな祭りの食べもの

<菱餅>

菱形のお餅を重ねたもの。


よもぎを入れた緑の餅→厄除け

菱の実を入れた白い餅→清浄

くちなしを入れた赤い餅→厄病除け


この三色で、すこやかに育ってほしいという願いが込められています。


<ひなあられ>

関西風は餅を砕いて揚げたあられ

関東風は米粒をあぶったものが原形です。


<はまぐりの潮汁>

はまぐりのお吸い物で、3月3日に磯遊びをして漁獲類を供えたなごりです。

はまぐりなどの二枚貝は対の貝がらしか合わないため

何事にも相性の良い相手と結ばれて、仲むつまじく過ごせるようにとの意味があります。


開いた貝の両側にそれぞれ身をのせ、(一つの貝に二つ身をのせる)

将来の幸せを祈っていただきましょう。


<ちらし寿司>

えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)など

縁起の良い海の幸、山の幸を彩りよくちらしたお寿司です。



地域によって、風習が異なります。

自分の住む地域とは違ったひな祭りも見てみたいですね。


食育✕学び

料理(調理)と教育の融合。 満3歳~小学生を対象とした 食育スクール。 料理を通じて、五感を育てます。 考える力・表現力、 社会性をはぐくみ、 子ども達の潜在能力を引き出す お手伝いをします。