端午の節句ってなあに?

こどもの日は、子ども達のすこやかな成長を願う日で

男女の区別はありません。

別名「端午の節句」というので、男の子のイメージが強いのですが

本来は皆が無事に過ごせるよう、季節の節目に邪気を払いをする行事です。


家族みんなで幸せを願う文化を楽しんで、親子の絆を深めましょう。



こどもの日・端午の節句の由来

「端午の節句」は古代中国の菖蒲を使った邪気払い行事が起源です。

端午とは「月初めの午の日」という意味ですが、のちに5月5日になりました。


この行事が奈良時代に伝来すると、

日本古来の早乙女の神事(田植えをする女性が菖蒲の家で身を清める行事)と

結びついて広がりました。


やがて、武家社会で菖蒲が「尚武」や「勝負」に通じることから

男児の成長を願う行事に変化し、江戸時代に五節句のひとつになると

鯉のぼりや鎧兜を飾るようになりました。


その後、昭和23年に男女の別なく子どもの幸せを願う「こどもの日」になりました。

どうして鯉のぼりを揚げるの?

鯉のぼりは、子どもを思う親の気持ちから誕生しました。

もともと幟(のぼり)や吹き流しは戦のときの軍の目印で、

男の子が生まれると家紋のついた幟をあげて祝う風習が武家にありました。


すると、江戸の庶民の間でも幟を揚げたいという声が出ましたが

武家と同じことは出来ないため「鯉の滝のぼり」で立身出世のシンボルだった

鯉を幟にするというアイデアが生まれ、鯉のぼりとなったのです。

端午の節句の食べもの


<柏餅>

あん餅を柏の葉で包んだ和菓子。

柏は新しい葉が出来るまで古い葉が落ちないため

健やかな成長と子孫繁栄の願いを込めて、江戸時代から端午の節句に

柏餅を食べるようになりました。



<ちまき>

茅または笹の葉でもち米を包んで蒸したもの。

現在はういろうや葛を包んだ和菓子となっています。


端午の節句とともに中国から伝わったので、

伝統を重視する関西では今でも粽(ちまき)が主流です。





端午の節句は「菖蒲の節句」

端午の節句は菖蒲を使って行事をするため、別名「菖蒲の節句」といいます。

菖蒲の豊かな香りや薬草としての働きが、

災いや病気をもたらす邪気を払うと考えられていたからです。


きれいな花が咲くのは、アヤメ科の花菖蒲。

厄除けに使うのは、サトイモ科の菖蒲で別物です。



菖蒲湯

強い香りで邪気を払い、薬草効果で健康になるので

無病息災で過ごせます。

香りが立つポイントは、菖蒲を入れてから高めの温度にすることです。


菖蒲の鉢巻きは、賢くて強い子になるおまじないです。

食育✕学び

料理(調理)と教育の融合。 満3歳~小学生を対象とした 料理教室。 料理を通じて、五感を育てます。 考える力・表現力、 社会性をはぐくみ、 子ども達の潜在能力を引き出す お手伝いをします。