お食い初めとは?

みく先生の息子くんが、生後100日を迎えました。
親戚の皆様に集まって頂き、蟹江町の「浜舟」さんにて、お食い初めをしました。
鯛も立派なものを用意して頂き感動!

青空キッチンに通ってくれているみなさんも、こんなに小さい時があったんですよ!

産まれてからミルクだけだったのが、
離乳食時期を迎え、ママやパパが食べさせてくれていて。
つかみ食べや、フォークとスプーンで食べれるようになったら
お箸の練習もして。

上手に食べれるようになっていった暁には
食べこぼしも減り、片付けもより一層楽になったのではないでしょうか。

そして今では、料理が出来るまでに成長して( *¯ ꒳¯*)

なんとも、感慨深いです✨


ぜひ、お家で赤ちゃんの頃の写真をみながら
ご家族のみなさんと、思い出話をしてみて下さい!

今、当たり前に出来ている事は
毎日、少しづつ成長して頑張って繰り返した証なのです!


子ども達の成長を、どんどん見続けて、見守っていきたいと思っております。



お食い初めとは?

個人差はありますが、新生児の生後100日頃に乳歯が生え始めるこの時期に
「一生涯、食べることに困らないように」
との願いを込めて食事をする真似をさせる儀式です。

お食い初め献立

お食い初め膳の献立は一汁三菜で、赤飯、焼き魚(鯛)、煮物、汁物、香の物を用意します。
これには赤ちゃんが生きてゆくうえで必要な食材として、穀物、海のもの、山のもの、飲み物、塩を与えるという意味が込められています。


鯛は赤い色がめでたいとして、お祝いごとでは欠かせない魚です。福をもたらす七福神の恵比寿様が釣っている魚もこの鯛で、日本では古くからお祝いの席で食されています。


赤飯には邪気を祓ったり、魔除けの意味が込められています。

お吸い物には、「吸う」ちからが強くなるようにという意味が込められています。

煮物には、紅白の色のためにんじんと大根、「亀の甲羅」の形の六角形に切ったかぼちゃやしいたけ、その他に旬の食材なども利用します。


季節の野菜を漬けた香の物や酢の物など。


「歯固め(はがため)の石」は、赤ちゃんに丈夫な歯が生まれることを願うための福石です。お宮参りの際に産土神社でもらうのが一番よいですが、近所の川原などにあるものでもかまいません。





食べさせ役は年長者の方

赤ちゃんに食べさせる真似をする役は、
「養い親」が行います。
「養い親」は、長寿にあやかるという意味から身内で最年長の人が行うことになっていますが、最近では祖父母に頼むことがほとんどのようです。
男の子なら男性が、女の子なら女性が「養い親」となり、
自分の膝の上に赤ちゃんを乗せて食べさせる真似をします。

お食い初めの起源

お食い初めは、古くは平安時代から始まったとされています。
昔の時代は赤子が無事に健やかに育つことが難しかったため、乳歯が生え始める100日目頃に、「一生涯食べることに困らないように」という願いを込めて食事をする真似をさせる儀式を行いました。
これがお食い初めのはじまりです。

室町時代に書かれた「河海抄(かかいしょう)」という文献には、
「冷泉天皇の生後百日に御餅を供す」という記述があり、
当時はお餅を使用していたことがうかがえます。
また、鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡(あずまかがみ)」には、
源実朝が生後百十日目にお食い初めをして
祝ったという記録が残っていたりと、
その歴史は古いようです。

この頃には、お餅から魚肉に代わり、「真魚初め(まなはじめ)」とも呼ばれるようになりました。
お食い初めの行事は、赤ちゃんの成長を願うための日本伝統のお祝い事として、現代でも受け継がれています。

出典『okuizome.jp』より

食育✕学び

料理(調理)と教育の融合。 満3歳~小学生を対象とした 食育スクール。 料理を通じて、五感を育てます。 考える力・表現力、 社会性をはぐくみ、 子ども達の潜在能力を引き出す お手伝いをします。